トップページ

トップページ

会員ページ紹介

全ての情報がご覧いただける「プレミアム会員」の内容についてご説明致します。(加入ご希望の方は、[会員登録]のページからお申し込みください)

プレミアム会員の説明へ 
PTAS活用マニュアル(PDF)

     <コンテンツ一覧>
主なコンテンツ / 会員タイプ
プレミアム会員
投資判断のポイント
分析記事
(短期シナリオ、長期シナリオ等)
1年間のパターン
シーズナルパターン
分析表
動 画
PTASスクリーニング
PTAS(年ベース)情報画面
PTAS(日ベース)情報画面
チャート機能
モバイルサイト
記事更新お知らせメール


プレミアム会員
¶ 会員ページの構成 ¶ [プレミアム会員] 



パソコン、タブレット画面

[拡大]
 
スマホ画面

[拡大]

 ログインされると@にあるメニューが表示されます。メニューには、新着情報表示や各銘柄の情報を選択するボタンがあります。

 日経平均や外国為替、金などの銘柄ボタンをクリックすると、A分析記事やB1年間のパターン、Cシーズナルパターン、D分析表のボタンが表示されますので、クリックすることでそれぞれの情報がご覧になれます。


¶ 新着情報ページ ¶ [プレミアム会員] 


 ログイン直後にこの新着情報のページが表示されます。このページで、追加されている情報をご覧いただき、すばやくその記事のページに移動することができます。

 また、「投資判断のポイント」も表示されていますので、ご自身の投資のご判断に役立てていただけます。



¶ 分析記事 ¶ [プレミアム会員] 


(対象銘柄:日経平均、外国為替、金、原油・ガソリン、東京白金、東京ゴム

 各銘柄の分析記事(短期シナリオ長期シナリオ売買戦略)がご覧になれます。



¶ 1年間のパターン ¶ [プレミアム会員] 


 1年間の値動きは、年初より年末の値位置の高い強気パターンと、年末の値位置の低い弱気パターン、年央に傾向が変化する転換パターン、横ばいに推移する横ばいパターンに分けられます。それぞれの銘柄の1年間の動き方を紹介します。



¶ シーズナルパターン ¶ [プレミアム会員] 


 それぞれの銘柄には需給の増減する時期があり、人気の盛衰する時期があります。銘柄ごとの値動きの特徴を理解していれば、その時期に価格が上下してい理由がわかるようになります。各銘柄の季節傾向や、季節ごとの売買の方針を紹介します。



¶ 分析表 ¶ [プレミアム会員] 


(対象銘柄:日経平均、日経平均先物、ドル円、東京金、東京バージガソリン、東京白金、東京ゴム

分析表のコーナーは、寄り付きから一定時間経過するごとの値動きによって、その後の価格がどういう展開になっているかを推測するために掲載しています。
データは、2015年1月からのものです。商品先物相場は、夜間取引の関係で、何度も開始時間の変更があったため、過去データが多いからといって参考になるわけではありません。
季節ごとの値動きと、押し目底、戻り高値を何度か繰り返しているデータがあれば、十分参考にすることができます。

データを更新してゆくので、参考例と違う数値になっていることもありますので、ご了承ください。

東京金の分析表では、9時の寄り付き値から21〜25円の上げ幅になると、その日が陽線引けして引ける展開になっています。
寄り付き後、20円以内の上げ幅なら、30〜40%程度の確率で、終値までに価格が下げて、陰線引けする動きになることも考えられます。
寄り付き値の値位置と、1時間後の値位置で、20円幅以上の上げとそれ以下での過去の経験則を知っていれば、20円幅以上上げた後、価格が下げる場合、寄り付き値以下に大きく下げることがないと考えておけます。

この表は、上記のようにその時点での陽線引け、陰線引けする確率を見ることもできます。

また、その日の日中、夜間が陽線引けする展開、陰線引けする展開になるというどちらかを予想しているとき、次の時間にどのような動きになれば、想定の通りになる可能性があるということを推測するのに役立てることができます。
次の時間帯で価格が上げなければ、陽線引けするよりも陰線引けする方の確率が高くなるという時間帯があります。
そういう動きを見極めて、動くべき場所を探り、仕掛ける場所を探す目安にして下さい。



¶ 動 画 ¶ [プレミアム会員] 


(対象銘柄:日経平均、外国為替、金、原油・ガソリン、東京白金、東京ゴム

 毎週末、翌週の相場展望を動画でご覧いただけます。但し、月曜日が休日などで休みが続く場合には、週末ではなく営業日前の動画アップとなります。
 この相場展望の動画はYouTubeでご覧になれますが、パワートレンドのサイトにログインで使用しているメールアドレスで、YouTubeのアカウントを事前に作っておく必要がございます。新規入会時には、次回更新分からご覧になれます。
 動画サンプルは[YouTube]でご覧ください。

「動画」YouTube サ ン プ ル



¶ PTASスクリーニング ¶ [プレミアム会員] 


(表示対象銘柄:商品先物、指数、外国為替、パワートレンドサイトで厳選した個別株数千銘柄

条件にあった銘柄を検索することができます。
<固定選択条件>
 [パワートレンド入り有望銘柄] ※月単位判定
 [上昇下降予想銘柄] ※月単位判定
 [転換しやすい銘柄] ※月単位判定
 [勢いづきやすい銘柄] ※月単位判定

<個別選択条件> ※複数選択可
 [短期指標] ※日単位判定
 [PM(パターンマッチ)インデックス] ※日単位判定
 [陰陽線確率順位] ※月単位判定

 ◇PTAS活用マニュアル(PDF)



¶ PTAS(Power Trend Analysis Sheet)(年ベース)情報画面 ¶ [プレミアム会員] 


【月の展開】
上昇か下降かの確率、予想できる上げ幅、下げ幅の推測値等が表示されます。

【月の動き方】
月を上旬、中旬、下旬に分けてどのように動くかを第一候補、第二候補で予想します。

【月の高値、安値の出現確率】
陽線引け、陰線引けした月で分けて、その月の最高値と最安値がいつ頃あらわれているかを、5日単位で分けて確率を掲載します。

【本年全体の予想される動き方】
年間の価格が上昇している年と下降している年で分け、上昇する年はどのあたりで年間の最安値をつけて、どのあたりで年間の最高値をつけているかがわかようになっています。

【年間値幅予想チャート】
年間を通じてその銘柄の変動幅をチャートとしてどの時期が非常に動きやすいかなどを分かりやすく表示しています。

 ◇PTAS活用マニュアル(PDF)



¶ PTAS(Power Trend Analysis Sheet)(日ベース)情報画面 ¶ [プレミアム会員] 


(対象銘柄:日経平均、日経平均先物、ドル円、東京金、東京バージガソリン、東京白金、東京ゴム

PTAS(日ベース)では、夜間、日中のそれぞれの値動きを上昇した日と下降した日にわけて、それぞれが寄り付きから引けまでどのような展開になってきたかをデータで示しています。

特長:
 ・時間ごとの足型でその時間帯の動きやすさや方向を確認できます。
 ・高値、安値の出現率から、何時頃に最高値、最安値をつけそうかを確認できます。
 ・値幅予想チャートで、上下にかかわらず変動幅が大きくなりやすい時間帯を確認できます。

各銘柄の「分析表」と合わせて使っていただければ、その日の値動きを経過するごとにその先の時間帯でどのように動くかを、事前に考えておくことができるようになります。



¶ PTAS(Power Trend Analysis Sheet)銘柄解説 ¶ [プレミアム会員] 


 PTASスクリーニングで表示された銘柄からピックアップして解説します。(不定期更新)



¶ チャート(自在設定) ¶ [プレミアム会員] 


(表示対象銘柄:日経平均、米ドル/円、東京金、ドバイ原油、東京バージガソリン、東京白金、東京ゴム等

 このチャートでは、描画の仕方を左のメニューで自由に設定することができます。ローソク足のサイズを変えたり、ローソク足の代わりに終値の折れ線にしたり、あるいは、移動平均線の本数を変更することもできます。
 チャートは画面に収まりきらないほど大きなサイズで描画することができ、チャートデータを表示している表は、画面の移動に合わせて移動し常に上部に表示されます。

 モバイルサイトのチャートでも、サイズや移動平均の本数等が自由に変更できます。



¶ チャート(複数銘柄) ¶ [プレミアム会員] 


(表示対象銘柄:米ドル/円、東京金、ドバイ原油、東京バージガソリン、東京白金、東京ゴム等

 最大3つまでの銘柄を一つのチャートで表示します。左のメニューで自由に設定することができます。



¶ 分析CSMSチャート ¶ [プレミアム会員] 


(表示対象銘柄:日経平均、米ドル/円、東京金、ドバイ原油、東京バージガソリン、東京白金、東京ゴム

 分析CSMSチャートは、パターンマッチチャートなどの分析ロジックで、あらかじめ算出した最適パラメータを使用して自動的にチャートを作成しています。(分析記事とは関連はありません)



¶ 限月チャート ¶ [プレミアム会員] 


(表示対象銘柄:東京金、ドバイ原油、東京白金、東京ゴム

 限月チャートは、商品先物の複数限月を一度にチャート表示するためのツールです。また、チャートの表示の他に、月の最初の取引日に付けた値段と最終取引日の値段の上下のカウントで簡単な統計表を表示する機能もあります。

1.複数限月を1つのチャートに表示

右のチャートは「東京金」の1995年2月限から2013年11月限までの19限月を表示したチャートです。



2.限月取引月(1限月)チャート

月の最初の取引日に付けた値段と、月の取引日全ての値段の平均、最終取引日の値段をチャートにしたものです。同じ限月で過去のも一つのチャートにすることで、取引月の傾向を見つけることができます。



3.限月取引月の集計表

上のチャートを表にしたもので、個々の取引月の月初日終値から月末日終値がどれだけ上下したかの率を表示します。選択した限月全てで、アップした数、ダウンした数を集計した欄を右に設けているので、取引月が上昇する月か下がる月を統計的に見ることができます。


¶ 簡易パターンマッチチャート ¶ [プレミアム会員] 


(表示対象銘柄:日経平均、ダウ平均株価、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、東京金、東京白金、ドバイ原油、東京バージガソリン、東京ゴム、NY金、NY銅、NY白金、NY原油(WTI)、シカゴコーン、シカゴ大豆、パワートレンドサイトで厳選した個別株数千銘柄

 このチャートは、各分析タイプの期間の値動きと似通ったパターンを過去の値動きから探し出し、選択日以降の値動きを予想する独自のチャートです。メニューから「銘柄」、「分析タイプ」、「チャートサイズ」、「予想日数」を選択するだけで、すぐに結果が表示されます。(☆値動き予想を毎日チェック)
 注)このチャートは、値動きパターンを過去の値動きから検索し、選択日以降の値動きを統計的に予想するもので、相場が必ず同じように動くとは限りません。


¶ パターンマッチチャート ¶ [プレミアム会員] 


(表示対象銘柄:日経平均、ダウ平均株価、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、東京金、東京白金、ドバイ原油、東京バージガソリン、東京ゴム、NY金、NY銅、NY白金、NY原油(WTI)、シカゴコーン、シカゴ大豆、パワートレンドサイトで厳選した個別株数千銘柄

 このチャートは、指定した期間の値動きと似通ったパターンを過去の値動きから探し出し、選択日以降の値動きを予想する独自のチャートです。
<操作手順>
1.左のメニューから2〜4週間位前の日をカレンダーから選択します。
2.銘柄を選択し、過去基準日数等のパラメータを設定します。
3.選択日以降の黒色の線(約定した値段の線)が、予想線1や2と同じような動きになっているかどうかを見ます。極端に違う場合は、パラメータを変更して同じような線を探します。
4.パラメータが決まれば、チャートデータがある最新の日付を選択し、チャートを表示します。予想線1と2が、今後の予想になります。

 サンプルのチャートは。「東京金」を以下のパラメータで表示したチャートです。
 選択日:2012/10/15 過去基準日数:30
 近似除外間隔日数:10 パターン近似値:0.7
 前後有効月数:2 有効値段上下%:0

 注)このチャートは、指定された日数の値動きパターンを過去の値動きから検索し、選択日以降の値動きを統計的に予想するもので、相場が必ず同じように動くとは限りません。


¶ 簡易マーケットウェーブファインダー ¶ [プレミアム会員] 


(表示対象銘柄:東京金、東京白金、ドバイ原油、東京バージガソリン、東京ゴム

 このチャートは独自の2種類のアルゴリズムで計算した結果をチャートで表現しています。(☆売買タイミングを毎日チェック)
 1つ目は、相場が激しく動くとトップレンジとボトムレンジの幅が広がり、その時々の値段がそのレンジのどの位置にいるかを示すチャートです。2つ目は、左メモリの50、又は−50近辺に表示される買いサインと売りサインです。上昇トレンドAか下降トレンドAが出た時が新規に仕掛けるタイミングになります。



¶ マーケットウェーブファインダー ¶ [プレミアム会員] 


(表示対象銘柄:東京金、東京白金、ドバイ原油、東京バージガソリン、東京ゴム

 このチャートは独自の2種類のアルゴリズムで計算した結果をチャートで表現しています。
 1つ目は、相場が激しく動くとトップレンジとボトムレンジの幅が広がり、その時々の値段がそのレンジのどの位置にいるかを示すチャートです。2つ目は、左メモリの50、又は−50近辺に表示される買いサインと売りサインです。上昇トレンドAか下降トレンドAが出た時が新規に仕掛けるタイミングになります。

 銘柄や時期によりサインが出るタイミングが違うため、左のメニューのレンジを変更して最適なサインの出方になるよう調整する必要があります。上のサンプルチャートは、東京金の2012/10/15を選択し、レンジを80、表示本数を300で表示したものです。

 注)このチャートは、需給がはっきりしている銘柄にはとても有効ですが、上昇を長く続けている銘柄やあまり値段が上下しない銘柄には向いていません。


¶ モバイルサイト ¶(http://p-trend.jp/cgi/mb.cgi) [プレミアム会員] 


 モバイルサイト(ガラケー用)では、「新着情報」、「銘柄別情報」、「最新投資判断ポイント」、「売買の仕方」、「チャート」などがご覧になれます。
 スマホやタブレット等ではこのモバイルサイト(ガラケー用)ではなく、パソコンと同じ画面をご覧いただけましたら、自動的に最適なサイズに切り替わって表示されます。

 注)古い携帯電話では、表示文字数等の制限により、記事が全て表示されないことがございますので、あらかじめご了承ください。







Copyright© 2010- Power Trend. All Rights Reserved.